養殖魚餌の研究開発

養殖魚餌の研究開発内容(1)未利用魚

■離島の未使用魚を餌に! 離島地域の未利用魚が、流通コストがかかるため海へ捨てられているのなら… それらを優れた餌に変える研究開発を! 株式会社クラウド漁業、福井県立大学、小浜市、小浜市漁協 上記が研究開発体制です。

養殖魚餌の研究開発内容(2) 酒粕

■優れた発酵食品である酒粕! 生のお魚(カタクチイワシ等)は、「ビタミンB1欠乏症」による大量死のリスクが大きいです。そこで「酒粕」! 酒粕はビタミンB群を豊富に含んでいて、未利用魚を餌にする際のリスクであるビタミンB1欠乏症を解決してくれます。 株式会社クラウド漁業、松井酒造株式会社、福井県立大学 上記が研究開発体制です。

養殖魚餌の研究開発内容(3)酵母

■身近な最高の微生物 酵母! 酵母が餌として期待される3つの理由 1.たんぱく質が豊富(乾燥重量比40%…魚粉以上‼) 2.DHA・EPAを蓄積 3.無限に増やせる ユーグレナがミドリムシで技術化を目指していることを、我々は酵母で目指します! 株式会社クラウド漁業、徳島大学 上記が共同開発体制です。

最終的には混合養殖を目指す!

混合養殖とは・・・ ・一つの生け簀に様々な魚種を養殖する事を指す造語です。​ 混合養殖をしている養殖業者は未だかつていません。 何故なら捕食関係というものが存在するからです。 では、なぜ水族館の水槽内の魚達は、共存可能か? →それは【常時給餌】を実施しているから。 常に餌が供給されてお腹を空かせる魚がいないから、わざわざ水槽にいる魚を 追いかけて食べる必要がありません。 それはつまり、適切な給餌を行う事で捕食関係の魚類も養殖は可能であるという事。 混合養殖のデメリットをあげるとしたら、 ・サイズを揃える事が不可能に近い ・在庫管理がしにくい(通常の養殖同様) ・生産履歴について書きにくい 決まった規格(サイズ)に揃えて出荷が一般的なスーパーや回転寿司などですが、 自分達で出口戦略(飲食店に直接卸す等)やコンセプトを持つことでデメリットはなくなり、 メリットである ・選別をする必要がない ・様々な魚種を一度に養殖できる ・自然環境に近い状況で養殖可能に 更には現場での、労働力の軽減やコストダウンにつながり皆にとって良いこと尽くめになります!
株式会社クラウド漁業  Crowd Fishery Co., Ltd.
株式会社クラウド漁業  Crowd Fishery Co., Ltd.
本社所在地
〒561-0834 大阪府豊中市庄内栄町4-21-40
℡06-6335-2204 Fax06-6335-2220
E-mail yokoyama@torosaba.com
電話番号
06-6335-2204
主たる業務
(1) 水産増養殖技術の研究開発・事業化
(2) 水産増養殖プラットフォーム創造
(3) 地方創生プロデュース
(4) 飲食店業態開発・運営
(5) 漁業版SPA(製造小売業)形態の創造
取締役・顧問
【取締役】
代表取締役 右田孝宣

【従業員】
役員(代表含む)3名 従業員1名

【創業】
2017年7月7日
ブログ page top